東京ミッドタウン・デザインハブ特別展 「「新・博多粋伝。」〜織と人形の若いクリエーターたち〜」展

国際的なデザイン情報の発信拠点である東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)では、東京ミッドタウン・デザインハブ特別展「新・博多粋伝。〜織と人形の若いクリエーターたち〜」展を開催します。 【開催期間】8月24日(土)〜9月8日(日) 初日にはオープニングイベントとして、「伝統芸能とデジタルコンテンツ」をテーマとしたトークイベントを開催いたします。 【オープニングイベント】 本展に展示予定の鷹の爪団キャラクターの博多人形や、博多織のデジタルシミュレーション、博多人形フィギュアといった大学連携事業などを事例として、伝統工芸とキャラクタービジネスの連携やデジタル技術を活用した伝統工芸の新しいアプローチ等、その将来性について語ります。 テーマ 「伝統工芸とデジタルコンテンツ」 日 時:8月24日(土)14:00〜15:30 定 員:100名 参加料:無料(事前申し込み不要) 会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター     (東京ミッドタウン・デザインハブ内) ゲスト:赤瀬浩成(メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社代表取締役社長)     深瀬晋太郎(株式会社ディー・エル・イー ライツ&プロデュース部長)     源田悦夫(九州大学大学院芸術工学研究院教授)     青木教授(九州産業大学芸術学部デザイン学科教授)     岡部由紀子(博多織若手作家)     永野繁大(博多人形若手作家) 詳細はこちらをご覧ください↓ http://www.designhub.jp/exhibition/2013/08/07-1400.html