PEOPLE DESIGN公開ディスカッションを開催致しました

ネクスタイド・エヴォリューション代表 須藤シンジ氏・弊社代表 赤瀬浩成によるPEOPLE DESIGN公開ディスカッションを行いました。 まず、須藤氏によるネクスタイド・エヴォリューションの紹介がありました。

 

ネクスタイド・エヴォリューションとは、 「ファッションやデザインの視点からこれまでの「福祉」の概念を変えハンディのある、なしに関わらず、みんなが自然に、自由に、混ざりあえる社会をつくっていこう」というソーシャルプロジェクトです。 その為にネクスタイド・エヴォリューションは『PEOPLE DESIGN』という理念を掲げ ・第三者に対する配慮・気付きがある ・ハンディキャップを解決する機能がある ・ファッション、デザインとして洗練されている 以上のうち2点を満たしているモノを『PEOPLE DESIGN』と定義しています。   続いて須藤氏と赤瀬による3/21まで有楽町マルイの一階にオープンしているピープルデザインのコンセプトショップの商品を例にそれぞれの商品が持つ新たな価値・魅力の紹介を行いました。      そのまま、こうした新たな価値に対する意見を交換し合いPEOPLE DESIGNという考え方が現代では社会性以外にもビジネスとしても重要な考え方であるという結論に至りました。    今回のディスカッションは、ネクスタイド・エヴォリューション・PEOPLE DESIGNの理念にMIJPが共感して実現しました。 日本の伝統産業の中にも良いモノは沢山ありますが、作り手・売り手が気づいていない事例が多くあります。 人々が自然と混ざり合う為のPEOPLE DESIGN、日本のモノづくりを機能だけでなく人への気遣い、心遣いも含めた『日本製』として捉えるMIJPの考え方は大きく共通する部分があると思います。 こうした考え方・概念から産まれる価値が現代求められているのではないでしょうか。 ネクスタイド・エヴォリューション公式サイト https://www.nextide.net/index.html